心理メディカル科(昼間部)

福祉メディカル科(昼間部)

介護福祉士だけでなく、社会福祉主事も取得できる!

こどもから高齢者まで、生きる人みんなが、その人らしい生活が送れるように、サポートをする仕事。
毎日誰かから“ありがとう”の笑顔がもらえる仕事。
その笑顔を見る度にがんばれる仕事。
これからの超高齢社会に必要不可欠な人材になる「生活支援のプロ」になりたいあなたをサポートします!

介護福祉士だけでなく、社会福祉主事も取得できる!
  • 2年間で取得できる資格

    ・介護福祉士(国家資格)
    ・社会福祉主事(厚労省※1認定)
    ・認知症ケアサポーター(全資協※2公認)
    ※1厚生労働省 ※2全国資格認定協会

  • 在学中に取得可能なスキルアップ資格

    ・ミュージックセラピー(音楽療法)
    ・フットマッサージ
    ・アロマテラピー
    ・エステ(福祉美容)
    ・福祉住環境コーディネーター2級

  • 社会福祉主事を取得するので、就職にも強く、働きながら社会福祉士を目指すのに有利です。社会福祉全般を学び、ソーシャルワークの視点を養います。
  • 認知症に強いカリキュラムを編成しています。認知症への理解・対応力を深めます。
  • 就職率100%!多くの卒業生が現場で活躍しており、業界からの信頼を得ています。
  • 福祉分野におけるロボットテクノロジーを学び、最先端の感性を磨きます。
資格取得がすごい!

京医専は厚生労働省から指定された社会福祉主事養成機関

介護福祉士と社会福祉主事が取得できます!

社会福祉主事も取得するので、就職にもより強くなり、働きながら社会福祉士を目指すのに有利です。

京医専では、介護技術や介護に関する知識を学ぶだけではありません!社会福祉士に共通する社会福祉主事の科目を学ぶ事で、介護だけでなく社会福祉全般、つまりソーシャルワークの視点を身につけることができるのです。そのことから就職の幅も広がり、さらにはキャリアアップにも有利になるのです。

認知症に強いカリキュラム!

高齢社会が進む中、認知症への理解・対応力は現場からも求められています。認知症への対応は当然難しさもありますが、本校ではそれをしっかり学ぶ事で、自信へと変え、現場で活かせられるように指導しています。認知症ケアサポーター資格を取得するのもそのためです。

在学中に目指す資格

  • 介護福祉士(国家資格)

    要支援・要介護者の日常生活の介護を行うとともに、本人の話し相手になり精神面でのカウンセリングを行うことも重要な仕事です。またご家族の方との連携も大切になります。

  • 社会福祉主事

    主に社会福祉施設や行政の場で、福祉サービスを計画・立案し相談する仕事です。福祉施設等で生活相談員としても働くことができます。

  • さらに!

    卒業後に
    目指せる資格

  • 社会福祉士(国家資格)

    医療や社会福祉の場において、高齢者や障がい者、日常生活を送るのが難しい児童、及びその家族に対して福祉サービスを計画・立案する仕事です。

2年間の学びの流れ

1年次

介護福祉士の技術・知識を徹底的に学びます。調理実習などもこの時期に行います。

人間力
2年次

介護福祉士の実習で経験を積むと同時に、社会福祉に関する知識を身につけます。

即戦力
就職実績がすごい!

就職率100%

多くの先輩が現場で活躍しています!

就職率100%!多くの卒業生が現場で活躍しており、業界からの信頼を得ています。また本校は通信教育部もあることから、現場施設からの認知が高いことも強みです!

卒業後の就職先

  • 特別養護老人ホーム 高齢者が介護サービスを受けながら暮らす施設。一人ひとりの生活スタイルに合った個別ケアを行います。
  • デイサービスセンター 高齢者が月に数回、食事や入浴などの介護サービスを受けるために通う施設。趣味や機能訓練などの個別メニューも提供しています。
  • 障害者通所施設 障がい者が毎日、仕事や生活訓練のために通う施設。住み慣れた地域で自立した生活が送れるよう支援を行っています。
  • 老人保健施設 高齢者が家庭への復帰を目指す入居施設。医療職と介護職などが連携して、生活機能向上を目指した介護サービスを提供しています。
  • 障害者入所施設 障がい者が生活支援サービスを受けながら暮らす施設。自立した日常生活を送れるよう、一人ひとりにあった支援を行っています。

卒業後の就職先

卒業後の就職先

内定者VOICE

奥村 菜央滋賀県立草津高校出身 社会福祉法人 幸寿会 内定
奥村 菜央 私は就職説明会で話を聞いた施設から内定をいただきました。校外での説明会で初めて知った施設だったので、少し不安でしたが先生からの推薦もあったので安心して就職試験に挑めました。また試験に向けても担当の先生が分かりやすく指導してくださったので、面接の時も緊張せず自分らしさを出すことができ内定をいただけました。
就職先では、利用者さんとの会話を大切にする介護福祉士になりたいと思っています。
実習環境がすごい!

実習について

4つの実習先で幅広い視野を養います。

福祉メディカル科では、2年間で4回実習を行います。
3回の実習は介護福祉士の為、1回の実習は社会福祉主事の実習となります。

2年間の実習の流れ

実習指導では、実習計画書から報告書の書き方など、細かな所から徹底指導していきます。
一段階実習では初めての現場経験となるので、プレッシャーを感じ緊張する学生も多いですが、
現場経験豊かな本校教職員の指導のもと、準備を進めていくので安心です。
また、実習先に本校卒業生がいることも多いので安心です。

在校生VOICE

仁賀 美里滋賀県立安曇川高校出身 介護老人保健施設おおやけの里 内定
仁賀 美里 実習先に、就職を決めました! 私は実習に行った施設から内定をいただきました。実習中から職員さんが親身に指導していただき、やりがいがあり働きやすい職場だと感じていたので職員さんからお話しをいただいた時は嬉しかったです。知らない施設と違って雰囲気が分かるので安心して受験できました。就職試験は筆記と面接でしたが事前に先生から指導していただいていたのでしっかり挑むことができました。希望施設から内定をいただけて嬉しいです。
渡邉しほ 専任教員VOICE福祉メディカル科専任教員 渡邉しほ 学校での学びは原理原則、実習は応用です。そこでの経験がまた、数えきれない知識となっていきます。実習は大変・困った・どうしようの連続ですが、その難しさを感じる事が大切だと思います。そこをクリアしていこう!とすることで自分の新しい力を発見できると思います。
心理・福祉ロボット教育がすごい!

自動運転型車椅子だって夢じゃない!?

最新のロボットテクノロジーを身近に感じ、超高齢社会の介護福祉の在り方を広げます。

介護支援型ロボットを駆使して、介護技術の方法を広げます。
「ロボットマインド」を養う本校の教育

高齢者の福祉施設や地域の現場で必要とされ、本当に使えるロボットはどんなカタチでしょうか。
授業やグループワークを通して、Robot Engineeringへの理解を含め、その可能性を探ります。
客員講師として、ロボット開発のエンジニアを招き学生と活発な議論を続けるプロセスで「ロボットマインド」が形成され、就職後は介護支援型ロボットと抵抗感なく付き合い、利用者様により質の高い介護を届けることができます。

ロボットマインドで福祉現場は変わります。
社会福祉法人 八起会 石部ケアセンター 副施設長 澤 九仁男さん コミュニケーションロボットを導入して、およそ6ヶ月が経過しました。導入当初は、会話の不成立や、「間」を無視した一方的な会話といった問題が多発し、職員がロボットの世話をするような状況が続きました。その特性に慣れるまで時間がかかりましたが、今回の導入は、今後の介護ロボット導入に向けて、職員のロボットマインドを推進するきっかけとなったと感じます。 社会福祉法人 八起会 石部ケアセンター 副施設長 澤 九仁男さん
キャリアサポートがすごい!

介護福祉士+社会福祉主事で

社会福祉士へのキャリアアップに有利!働きながら資格取得を目指す最短ルートです!

介護福祉士のキャリアアップとして更なる資格を取得する中で代表的なものが、社会福祉士(国家資格)です。本校で取得した社会福祉主事を持って、福祉現場での実務経験2年※を経ると、社会福祉士科(通信教育)の「短期養成課程(11ヶ月)」に入学ができるので、時間も科目も、さらにはコストも最小限に抑えて社会福祉士(国家資格)を受験することができます。
※相談援助業務での実務期間

介護福祉士から社会福祉士取得への道のり例 ※1 いわゆる三科目主事と呼ばれる社会福祉主事は認められません。(特に四年制大学・短期大学で実習無しで取得するもの

キャリアアップのポイント

社会福祉士取得後は、精神保健福祉士も通信(短期)で取得することができます!
京都医療福祉専門学校にはこれらの通信教育部が設置されているので、卒業生が安心して母校に戻ってこれるのです!

カリキュラム

時間割例※福祉メディカル科1回生 時間割例

 
1限 9:00~10:30 生活支援技術   心理学 介護の基本  
2限 10:40~12:10 こころとからだのしくみ 地域福祉論 介護の基本 児童福祉論 障害の理解
3限 13:00~14:30 生活支援技術 コミュニケーション 技術 介護過程 社会保障論 人間の尊厳と
自立
4限 14:40~16:10 生活支援技術 認知症の理解 生活支援技術 老人福祉論 介護総合演習
5限 16:20~17:50   社会福祉援助
技術演習
     

主な講義科目

  • 人間の尊厳と自立
  • 人間関係とコミュニケーション
  • 社会学
  • 社会保障論
  • 社会調査の基礎
  • 権利擁護と成年後見制度
  • 保健医療サービス
  • 介護の基本I
  • 介護の基本II
  • 介護の基本III
  • 介護の基本IV
  • 介護の基本V
  • コミュニケーション技術
  • 生活支援技術I
  • 生活支援技術II
  • 生活支援技術III
  • 生活支援技術IV
  • 生活支援技術V
  • 生活支援技術Ⅵ
  • 介護過程I
  • 介護過程II
  • 介護過程III
  • 介護総合演習I
  • 介護総合演習II
  • 介護実習I
  • 介護実習II
  • 医学一般
  • 発達と老化の理解
  • 認知症の理解I
  • 認知症の理解II
  • 障害の理解I
  • 障害の理解II
  • 心理学
  • こころとからだのしくみI
  • こころとからだのしくみII
  • 地域福祉論
  • 児童福祉論
  • 経済学
  • 法学
  • 社会福祉援助技術演習
  • 福祉事務所運営論
  • 社会福祉施設経営論
  • 社会福祉現場実習
  • 社会福祉現場実習指導
  • 福祉リテラシー

PICK UP!!

  • 生活支援技術 生活支援技術

    コミュニケーションの取り方やバイタルのきざしを発見する技法を勉強します。また、人体モデルを活用するなど具体的な介護の基本技術を身につけます。

  • 介護の基本 介護の基本

    社会における介護のあり方と役割、介護福祉と医療との関係を学習し、対人援助の基本を身につけます。

  • コミュニケーション技術 コミュニケーション技術

    高齢者と障がい者の福祉援助に必要な心理を理解します。人と接する専門職として、コミュニケーション能力を身につけます。

  • 心理学 心理学

    「人のこころ」を理解する方法を学びます。悩みを解決に導く方法、背景にある社会問題などを学習します。

  • 医学一般 医学一般

    高齢者や障がい者に多い症状や疾病の特徴を理解して、その注意するべき点を学ぶとともに、保健医療職とどのように連携するかも学びます。

  • アロマテラピー アロマテラピー

    アロマの効果・効能を学ぶとともに、それを実際に福祉現場で活かす方法も身につけます。

  • オープンキャンパス
  • 個別相談会・体験入学
  • 昼間部・資料請求 通信部・資料請求