メニューを開くメニューを閉じる

学校案内

  1. TOP
  2. 通信部
  3. 学校案内

通信教育で、国家資格!

少子高齢化が進む現代の日本。医療福祉は国家プロジェクトとしてバックアップされる分野になりつつあります。それに伴い、医療福祉に関わる人材もますます必要とされるようになっています。本校は、主に社会人を対象とし、通信による医療福祉教育を行う学校です。本校に入学されたみなさんが、確かなスキルと資格をしっかりと身につけ、社会のさまざまな場面で活躍していただくことを願っています。

医療福祉学習のすすめ

確かなスキルと確かなキャリアを。
社会人のための医療福祉通信教育を行っています。

働きながら効率よく国家資格取得を目指せます。

本校通信教育には、国家資格「精神保健福祉士」を取得するコースと国家資格「社会福祉士」を取得するコースがあります。働きながら国家資格を目指す社会人が全国から集まっています。

全国に284の提携実習施設があることが強みです。

通常、実習先は各学校が提携している施設へ行くことになります。本校は全国に提携施設があることが強みです。基本的には学校から指定した実習先に行っていただきますが、各人ごとに考慮の上決定しています。

精神保健福祉科、社会福祉士科それぞれに「一般養成課程」と「短期養成課程」があります。

一般養成課程では、1年7ヶ月、短期養成課程では11ヶ月の学習で国家資格の受験資格を取得できます。学歴や実務経験によっていずれかの課程に分かれます。(詳しくは各学科の頁をご確認ください)。

本校通信課程の入学時期は
4月入学と11月入学の年2回です。

本校では、年2回の入学時期を定めています。仕事の都合を調整しながら、入学時期を選ぶことができるので、安心です。出願等の日程は募集要項をご確認ください。

通信教育部卒業生の声

澤 九仁男<社会福祉士科(一般養成課程)卒業>
介護老人保健施設 石部ケアセンター 副施設長

私は京医専で介護福祉士を取得後、実務経験を経てケアマネージャーも取得し現職に至ります。支援を行う中で地域福祉の観点を取り入れる必要性を感じ、社会福祉士の取得を検討していた時に母校である京都医療福祉専門学校が通信課程をしていることを知り入学しました。
実際に学習が始まると、仕事と関わる内容だったことや自分が学生時代に学んだ事から内容が変わっている部分が多々あり新鮮でレポート作成や勉強は楽しく充実していました。
スクーリングは10年以上働いていたこともあり講義が久しぶりだったので改めて学生気分を味わえましたし最新の情報が分かったことも良かったですね。そして何より熱い思いを持っている学生さんが多く、そんな方々とグループワークで色々と話ができた事は刺激になりました。また同じ目標を持った人たちと出会えたことは勉強を進める上で自分の支えになりましたし、通信教育での学びが今の自分の仕事に対する考えに間違いなく影響を与えています。

KYOISENオープンキャンパス情報はこちら
資料請求はこちら
ページの最上部へ移動する