メニューを開くメニューを閉じる

カリキュラム

一般養成課程(通信)

授業科目名 科目区分
面接授業
授業時間数
印刷教材による授業
授業時間数
人体の構造と機能及び疾病 90
心理学理論と心理的支援 90
社会理論と社会システム 90
現代社会と福祉 180
社会調査の基礎 90
相談援助の基盤と専門職 180
相談援助の理論と方法 360
地域福祉の理論と方法 180
福祉行財政と福祉計画 90
福祉サービスの組織と経営 90
社会保障 180
高齢者に対する支援と介護保険制度 180
障害者に対する支援と障害者自立支援制度 90
児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度 90
低所得者に対する支援と生活保護制度 90
保健医療サービス 90
就労支援サービス 45
権利擁護と成年後見制度 90
更正保護制度 45
相談援助演習 45 405
相談援助実習指導 27 243
合計(時間) 72 2,988
精神保健福祉援助実習 180

短期養成課程(通信)

授業科目名 科目区分
面接授業
授業時間数
印刷教材による授業
授業時間数
現代社会と福祉 6 180
相談援助の理論と方法 6 360
地域福祉の理論と方法 3 180
相談援助演習 45 405
相談援助実習指導 27 243
合計(時間) 72 1,368
精神保健福祉援助実習 180
自宅学習
基本となるのは、指定科目のテキストに基づく学習と、学習後のレポート提出です。提出したレポートは添削され、合格点(100点満点換算で60点以上)を得ることで科目履修となります。また、提出日が決められており、提出が遅れると履修認定されません。また、不合格点を取った場合は、再履修となります。
スクーリング(面接授業)
スクーリングは、受講生が全員一同に集まり、科目担当講師から直接授業を受けるものです。一般・短期共に演習約5日間実施されます。実習を履修する人は、加えてスクーリングには全科目に出席することが必要です。1科目でも欠席すると、継続履修期間に出席しなければなりません。また、各科目の授業終了時には、修了試験が実施されます。
実習
指定施設において相談援助業務の経験のない受講生は、援助実習が必要です。期間は本通信科が指定・提携する施設で23日間(180時間)以上が必修となります。厚生労働省の指定する施設などで相談援助業務に1年以上従事したものは、この実習が免除されるので、出願時に「実務経験申請書」及び「実務経験証明書」を提出してください。
KYOISENオープンキャンパス情報はこちら
資料請求はこちら
ページの最上部へ移動する