メニューを開くメニューを閉じる

学習方法

  1. TOP
  2. 通信部
  3. 学習方法

通信教育の学習の流れ

本校通信教育の学習は「自宅学習」「スクーリング」「実習」の3つからなります。
これら3つを行って評価を受け、修了することで国家資格の受験資格を取得できます。

詳しい学習内容については募集要項をご覧ください。

1.自宅学習
基本となるのは、受験資格のテキストに基づく学習と、学習後のレポートの提出です。提出したレポートは添削され、合格点を得ることで科目履修となります。提出日は決められており、提出が遅れると履修認定されません。また、不合格点を取った場合も継続履修となります。
2.スクーリング(面接授業)
スクーリングは、受講生が全員一同に集まり、科目担当講師から直接授業を受けるものです。精神保健福祉科では、一般は約6日〜7日、短期は約5日〜6日実施されます(2013年実績)。社会福祉士科では、一般・短期ともに約5日間実施されます。(実習を履修する人は、加えて実習指導、約3日間必要となります。)
3.実習
実習

本通信科が指定・提携する施設で、精神保健福祉科では計27日間、社会福祉士科では計23日間の実習が必修となります。(厚生労働省が指定する施設などで相談援助業務に1年以上従事した者はこの実習が免除されます。出願時に「実務経験申告書」「実務経験証明書」を提出してください。)

なお、精神保健福祉科では、社会福祉士養成課程を履修し、相談援助実習を履修済みの方は、7日間が免除となります。

学習の流れ

国家試験対策について

国家試験対策オリジナルテキストプレゼント中!

京都医療福祉専門学校 通信教育部では入学生に受験資格取得だけでなく国家試験に合格をしていただくために13年にわたり国家試験対策オリジナル資料を作成してまいりました。

忙しい方であっても効率的に合格力が身につきます。
無理、無駄を徹底的に省き国家試験突破だけに的を絞って、国家試験に「出題されるところ」をまとめてあります。試験の全体像を知ることができる本校の「国家試験対策テキスト」は貴方のBest Navigatorです。
「オリジナル資料」で試験によく出るところを重点的に学べます。
本校では、「精神保健福祉士」、「社会福祉士」の国家試験過去問題を分析し、出題傾向が高い項目順に並べ替え、その問題に関する分野を一問一答方式で解説を加えた資料を作成しています。
合格に必要かつ十分な知識を確実に自分のものにできます。
オリジナル資料は用途別に3種類あります。国家試験対策には、時期に合わせてこれらの資料を使って学習します。独学では難しい試験勉強も、効率良い指導で合格へと導きます。

合格までの流れ

オリジナルテキスト

効率的に国家試験合格へ導きます。他校にはないオリジナルテキストです。

オリジナルテキスト「事例問題セレクト オリジナル問題集」

過去の試験問題から事例問題を抽出。問題に対し「プロの着眼点」や「解法のテクニック」といった分かりやすい解説を付与。

事例問題と「プロの着眼点」

問題分析と「解法のテクニック」

オリジナルテキスト「合格パック編」

過去問題を詳しく分析。「頻出過去問題」「出題傾向の分析集」などが含まれた合格力アップに欠かせないテキスト。

過去問題分析表「人体の構造と機能及び疾病分析表」

分野別過去問題分析「統合失調症」

試験ポイント解説「ココが出ル!!『介護保険』」

試験ポイント解説「障害者自立支援法のポイント」

内容は異なる場合がございます。

KYOISENオープンキャンパス情報はこちら
資料請求はこちら
ページの最上部へ移動する