メニューを開くメニューを閉じる

学習方法

  1. TOP
  2. 通信部
  3. 学習方法

通信教育の学習の流れ

本校通信教育の学習は「自宅学習」「スクーリング」「実習」の3つからなります。
これら3つを行って評価を受け、修了することで国家資格の受験資格を取得できます。

詳しい学習内容については募集要項をご覧ください。

1.自宅学習
基本となるのは、受験資格のテキストに基づく学習と、学習後のレポートの提出です。提出したレポートは添削され、合格点を得ることで科目履修となります。提出日は決められており、提出が遅れると履修認定されません。また、不合格点を取った場合も継続履修となります。
2.スクーリング(面接授業)
スクーリングは、受講生が全員一同に集まり、科目担当講師から直接授業を受けるものです。精神保健福祉科では、一般は約6日〜7日、短期は約5日〜6日実施されます(2019年実績)。社会福祉士科では、一般・短期ともに約5日間実施されます。(実習を履修する人は、加えて実習指導、約3日間必要となります。)
3.実習
実習

本通信科が指定・提携する施設で、精神保健福祉科では計27日間、社会福祉士科では計23日間の実習が必修となります。(厚生労働省が指定する施設などで相談援助業務に1年以上従事した者はこの実習が免除されます。出願時に「実務経験申告書」「実務経験証明書」を提出してください。)

なお、精神保健福祉科では、社会福祉士養成課程を履修し、相談援助実習を履修済みの方は、7日間が免除となります。

学習の流れ

精神保健福祉士・社会福祉士
国家試験合格を徹底サポート!

  • オリジナル資料

    <過去の問題を繰り返し学習>

    無理・無駄を省き国家試験突破を目指して過去の問題を要点に絞って解説。 本番試験の全体像を知ることで試験に慣れることができます。

    <過去の事例を繰り返し学習>

    事例問題のみを抜粋し、読み解く力を身に付けます。

  • 受験対策講座

    本校ベテラン講師陣による受験対策講座を9月~1月に開講(全12回予定)最新情報、厳選した過去問や重要な図表などの解説で苦手科目をなくし、得意科目を伸ばしてトータルスコアを大幅アップ!!

  • オリジナルテキスト

    効率的に国家試験合格へ導きます。他校にはないオリジナルテキストです。
    ※内容は変更となる場合があります。

合格までの流れ

  1. 受講スタート
  2. 国家試験受験年度夏期より
    オリジナルテキストで学習
  3. 受験対策講座で
    スコアUP
  4. 国家試験
  5. 合格おめでとう!

入学生の70%以上が紹介制度を利用

満足の証!

卒業生・在校生・病院・高齢者施設や障がい者施設の実際の現場で活躍されている皆様方からのご紹介でご入学されている学生および再入学生が、なんと70%を超えています。
京都医療福祉専門学校の教育に満足を頂き、応援してくださる皆様のおかげです。

紹介入学72%, 一般入学28%
紹介制度による入学生率 ※2011~2020年度入学生の集計

入学前によく寄せられるQ&A

Q大学・短大で取った科目は履修免除になるのですか?
A出願時に科目免除申請を行うと、本校で審査を行います。認められれば規定の範囲内で科目免除することが可能です。
Q学習中に質問することはできますか?
A学習内容に関する質問はメール・FAX・郵送で可能です。科目担当員より回答が届きます。
Q実習は、希望する日程、場所でできるのですか?
A施設実習の日程は学校の年間予定スケジュールに合わせて行われる予定です。施設場所についても、学校が指定した施設において実習が行われるのが原則です。本人の希望により実施されるものではありません。
Q小論文の書き方を教えてください。
A特に、こうしなければならないということはありません。出題されるテーマをよく理解して、それについて下調べをしてから記述しましょう。最期に、文字の間違いや字数制限をチェックすることを忘れないようにしてください。

Pick up

KYOISEN オープンキャンパス 学校の雰囲気を体験しよう!KYOISEN オープンキャンパス 学校の雰囲気を体験しよう!
資料請求 Document Request資料請求 Document Request
ページの最上部へ移動するPAGE TOP