メニューを開くメニューを閉じる

KYOISEN JOURNAL

児童福祉の仕事をするには ~子どもを支えるチカラになる~

児童福祉

子ども達と関わる仕事はいくつかありますが、その代表格として「保育士」があげられます。乳児から小学校就学までの子どもたちの生活全般をケアしながら社会性を養い成長を促していきます。

保育士は女性に人気で目指す方も多いですが、ここ数年、保育とは違った形で子ども達を支える仕事が注目されています。それは「児童指導員」「児童福祉司」「スクールソーシャルワーカー」といった職種です。

これらの職種は、子どもたちが抱える様々な問題(不登校・いじめ、家庭内暴力・虐待)、両親の離婚(母子家庭・孤独)、障がい(身体・知的・発達・精神)等といった生活の中で抱える困難な問題を取り除くために、子どもを取り巻く環境にはたらきかけていきます。

では、これらの職種に就くにはどうすれば良いのでしょうか。

児童指導員とは?

家庭の事情や障がい等のために、児童福祉施設で生活している0〜18歳までの児童を保護者に代わり健全に成長するように生活指導します。

児童に対する生活指導やケースワークやグループワークを通じての家庭的な援助、児童相談所や学校との連絡、周囲との調整などが主な業務です。

障がいのある児童が入所する障がい児入所施設では療育、虐待を受けた児童や保護者のいない児童が入所する児童養護施設ではケースワークといった、それぞれの施設に見合った専門性が求められます。

その中で児童指導員の配置が求められる事業は主に、「児童発達支援事業(重症心身障がい児が対象)」「児童発達支援センター」「放課後等デイサービス」です。児童発達支援事業・児童発達支援センターは就学前の児童を対象としている一方で、放課後等デイサービスは在学中の児童が対象となります。

児童発達支援センターには福祉型と医療型があり、福祉型では日常生活における基本的な動作の指導・知識技能の付与・集団生活への適応訓練を提供し、医療型では児童発達支援とあわせた治療を行います。

放課後等デイサービスは、学校教育法に規定する学校(幼稚園、大学を除く)に就学している障がいのある児童に対して、授業終了後や休業日に生活能力の向上のための訓練や創作活動、社会との交流の促進といったことを本人の希望を踏まえた上で提供します。

いずれも障がいのある子どもやそのご家族に対する支援を行うという点が共通しています。

【児童指導員になるには】

まず「児童指導員」という名前の国家資格はありません。その代わりとして児童指導員として働くための任用資格があり、その取得方法は以下の通りです。

①厚生労働省所管の養成機関を卒業する。
②社会福祉士または精神保健福祉士の資格を取得する。
③大学および大学院で心理学、教育学、社会学を履修して卒業する。
④幼稚園・小学校・中学校・高等学校教員免許を持ち、都道府県の知事から認定される。
⑤高等学校もしくは中等教育学校を卒業し2年以上児童福祉事業に従事する。
⑥児童福祉事業において実務経験を3年以上有し、都道府県知事に適当であると認められる。

※ただし任用資格の取得だけでは児童指導員と名乗ることはできません。児童指導員として働くことで初めて「児童指導員」を名乗ることができます。

児童福祉司とは?

児童福祉

公的機関である児童相談所に所属し、子どもや保護者等からの相談に応じることはもちろんのこと、必要に応じて子どもや保護者の置かれている環境・問題との関連・社会資源の活用の可能性等を明らかにし、どのような援助が必要であるかを判断するために家庭の調査や社会診断を行います。

また、児童の保護や子ども・保護者間の関係調整(家族療法等)、必要な支援・指導を行うこともあります。

児童指導員と違うのは、児童指導員が児童養護施設や障がい児施設といった児童福祉施設での勤務をする場合を含むのに対し、児童福祉司は児童相談所に配置することが義務付けられている点です。

つまり児童福祉司として実際に働くためには、地方公務員試験に合格し、児童福祉司の「任用資格」を取得しなければなりません。

【児童福祉司になるには】

児童福祉司として働くために必要な任用資格の主な取得方法は以下の通りです。

①厚生労働大臣の指定する児童福祉司や児童福祉施設の職員を養成する学校を卒業する。または厚生労働大臣の指定する講習会の課程を修了する。
②大学において、心理学・教育学・社会学を専修する学部・学科を卒業後、指定施設で1年以上の相談援助業務に従事する。
③医師の資格を取得する。
④社会福祉士または精神保健福祉士の資格を取得する。
⑤社会福祉主事として、児童福祉施設で2年以上の相談援助業務に従事する。

スクールソーシャルワーカーとは?

全国の学校で、日々の生活における子どもたちの様々な悩みやいじめ、不登校、暴力行為、虐待などに対し、事態を解決するために保護者や教員と協力しながら問題の解決を図ります。状況によって教員を支援する場合もあります。

【スクールカウンセラーとの違い】

スクールカウンセラーは「子どもに寄り添い、話を聞いて悩みを軽くしたり、一緒に解決していくことで心の問題を整理する」のに対して、スクールソーシャルワーカーは「悩んでいる生徒の置かれている環境面を整えて解決できるよう支援する」役割になります。

例えば何かのトラブルを抱えている児童・生徒がいたとして、じっくり話を聞きながらその原因をさぐるのがスクールカウンセラー。話を聞いて福祉制度の活用等を提案し解決にむけて支援するのがスクールソーシャルワーカーとなります。

スクールカウンセラーは心に寄りそって精神面で支え、スクールソーシャルワーカーは精神面の支えと共に実際に生徒を取り巻く環境を変える手助けをするお仕事と言えるでしょう。

【スクールソーシャルワーカーになるには】

スクールソーシャルワーカーという資格試験はありませんが、社会福祉士や精神保健福祉士、臨床心理士や公認心理師の資格を取得する必要があります。

社会福祉士や精神保健福祉士は、資格取得後に日本ソーシャルワーク教育学校連盟が認定するスクールソーシャルワーク教育課程の教育課程を修了する必要があります。また臨床心理士や公認心理師は資格取得後に指定された保健福祉系の大学院に進学・卒業する必要があります。

「子どもの成長のために働きたい」と考えている人は向いています

児童福祉

児童福祉について少しでも興味を持っていただけたでしょうか。

児童指導員・児童福祉司・スクールソーシャルワーカーになるには、「社会福祉士」「精神保健福祉士」の資格取得が必要です。

京都医療福祉専門学校で社会福祉士・精神保健福祉士を目指すなら心理メディカル科の資料請求を!
https://kueb.f.msgs.jp/webapp/form/20810_kueb_1/index.do

Pick up

KYOISEN オープンキャンパス 学校の雰囲気を体験しよう!KYOISEN オープンキャンパス 学校の雰囲気を体験しよう!
資料請求 Document Request資料請求 Document Request
ページの最上部へ移動するPAGE TOP